関西を中心に、パロマ、ノーリツ、リンナイ、給湯器、ガス機器の販売・取付を致します。TOTO商品など、水廻りもお任せ下さい。布施メンテナンス(ショールーム:住まいるライフ)

布施メンテナンス スタッフブログ

エコキュート取り付け時に行われる工事内容詳細と工事費用相場

 

近年、省エネ効果、節電効果の高い給湯器として注目を浴びているエコキュート。 実際にあなたのご家庭に導入するとなると設置工事が必要不可欠です。 設置工事の内容をある程度理解しておくことで、設置時や設置後のトラブルを回避することができます。 今回の記事ではエコキュートを設置するために必要な具体的な工事の内容、そしてその相場価格をお教えいたします。快適で安心のエコキュートライフの実現のために是非この記事をご参考にしてください。

エコキュート設置工事の流れ

 

エコキュートを設置するために必要な工程をこれからご紹介していきます。

スペースの確保

エコキュートを設置する上で、まずしなくてはいけないことがスペースの確保です。エコキュートには「ヒートポンプユニット」と「貯湯ユニット」という二つの機器があります。必要なスペースの大きさは製品によって異なりますが、一般的にはヒートポンプユニットが、高さ60㎝前後、奥行き30cm前後、幅60㎝前後で、貯湯ユニットは高さ2m前後、奥行き70㎝前後、幅60㎝前後となります。 貯湯ユニットの奥行きが原因で設置できないといった場合には、薄型タイプの貯湯ユニットを選ぶこともできます。奥行き40㎝前後ととてもスタイリッシュな形をしています。 しかし、単にスペースがあればどこでもいいというわけではなく、エコキュートは基本的に電気料金の安い夜間に作動するため、多少の低周波音が発生します。そのため、お客様やご近所様の寝室に近い場所は避けるなどの配慮が必要です。 どのスペースに設置するのが最善か、信頼できる業者とよく相談の上で決めていただくことをお勧めします。

既存の給湯器の撤去

エコキュートを設置するスペースが決まると、次は既存の給湯器の撤去に取り掛かります。 既存の給湯器がガス給湯器の場合は特に注意が必要です。もし給湯器以外にガスを使用していなかった場合は、ガス給湯器撤去と同時にガス会社との契約を解除しなくてはいけません。

基礎工事

無事既存の給湯器を撤去すると、次はエコキュートを設置するための基礎工事を行います。これは新しくエコキュートを設置するために大変重要な過程です。というのもエコキュートの貯湯タンクの重量は本体だけでも80㎏近く、そして満水時には500㎏近くにもなるので、しっかりとした土台が必要となってくるのです。 基礎工事には大きく分けて2通りの施行があります。 一つ目は鉄筋を組んで、コンクリートを流し入れて土台を作る「現場打ち」で、二つ目はすでに出来上がっている専用のコンクリートを組み合わせて作る「エコベース」というものです。 現場打ちにすると土台完成までに2~5日はかかりますが、エコベースだとほぼ1日で工事は終わります。「急いでエコキュートにしたい!」という方にはエコベースが合っているかもしれませんが、地盤が弱いとエコベースの土台は不安定になりがちです。予算と時間に余裕がある場合は現場打ちをお勧めします。  基礎工事においても、どちらの施工法があなたのお住いの場所に適しているかということを信頼できる業者と話し合うことが必要です。

配管工事

基礎工事が終わると次に取り掛かるのが配管工事です。 エコキュートにおける配管工事には、「給水配管工事」「追い焚き配管工事」「排水配管工事」の3つがあります。 ・給水配管工事…貯湯ユニットとシャワーや蛇口を繋げる最も基本的な工事 ・追い焚き配管工事…追い焚き機能付きのエコキュートを設置する際に必要となる工事。 ・排水配管工事…貯湯ユニットから出る排水を排水溝に流れるようにするための工事。 給水配管や追い焚き配管は以前から使用していたものを引き続き使うことは可能ですが、長 期間使用しているものは湯垢などでかなり汚れていて故障の原因にもなるため、これを機に 新しいものに取り換えるのもよいでしょう。 これに関しても実際に施工をお任せする業者とよく話し合って決めることが最善です。 また配管工事にかかる時間はおおよそ3~5時間で、その間は蛇口やシャワーをつかえなくな るので、あらかじめバケツなどに水を確保しておくことが必要です。

エコキュート本体の設置

配管工事が終わったら、ようやくエコキュート本体の設置です。基礎工事で固めた土台の 上に、底が平らになるように貯湯ユニットとヒートポンプユニットを設置します。地震などの揺れにも耐えられるよう、ボルトでしっかりと固定します。

電気工事

エコキュート本体を設置したら、最後に電気工事を行います。 電気工事には「エコキュート専用ブレーカー設置」「エコキュート専用配線工事」「分電盤交換工事」「幹線張り替え工事」などがあります。 そしてエコキュート専用のリモコンをお風呂と台所に設置して終了です。 全ての工事が終わったところで電力会社への申請手続きを行います。電力会社への申請は業者が代行してくれる場合もあるので、それについても業者と相談しましょう。 以上がエコキュート設置までの主な工事内容です。

エコキュート設置にかかる費用は?

工事にかかる費用ですが、既存の給湯器から新たにエコキュートに変更する場合は約10~20万円かかります。 価格にかなりの幅がありますが、それは上述したように、取り換え前の給湯器の種類、土台の種類、配管を取り換えるかどうかなどによって費用が大きく異なってくるからです。 そしてエコキュートの本体価格と合わせると全体で30~60万円くらいと考えておくとよいでしょう。 また古いエコキュートから新しいエコキュートへ交換する場合は土台工事や配管工事を省くことができるので、工事費用は大幅に下がります。

信頼できる業者を選びましょう

さて、エコキュートを設置する上で最も重要となってくるのが業者選びです。 一言で設置と言っても上述したように様々な工程が必要です。したがって値段の安さだけで施工業者を決めてしまうと、手抜き工事をされてしまう恐れもあります。 そこで自信をもってご紹介したいのが、近畿全般に多数の実績をもつ布施メンテナンスです。

信頼、安心の布施メンテナンスへ!

当社、布施メンテナンスは大阪を中心に近畿全般で50,000件以上の施工実績があるので、豊富な知識と卓越した技能を活かしてあなたの快適なエコキュートライフを実現させていただきます。

布施メンテナンスのここがすごい!

当社布施メンテナンスは商品販売から施工まで一貫して行うため、最初から最後までお客様とご相談しながら進めていくことができます。また「標準工事」「既存の給湯器の撤去処分」「10年保証」まで付いた大変お得なセット価格をご用意しておりますので、他社には負けないクオリティーの高いサービスを低価格でご提供させていただきます。

https://www.fusemaintenance.com/ecocute/

エコキュートを設置したいがどの業者に頼むか悩んでいる、といった方は是非布施メンテナンスにご連絡ください!
あなたの安心・快適なお住まいの実現に向けて少しでもお力になれることを心より願っております。